2011年02月21日

東京出張〜ホテルレストランショーへ〜

明日(22日)から東京出張です。

お世話になっている宇治商工会議所の間口をお借りし、22日から開催されるホテルレストランショーに出展させていただきます。

http://www.jma.or.jp/hcj/jp/

時期が時期だけに、「九条ねぎ」「みず菜」「金時人参」の私が推す上鳥羽京野菜トリオだけの出品ですが、妻に手書きでPOPを書いてもらいました。


POP.jpg


どうですか?

いや、我が妻ながらむっちゃ上手い。


これほどデジタル化が進んだ時代だからこそ、手書きの・・・しかも、絵の具を使ったPOPには非常に暖かみを感じます。



いい出会いを期待します。。。



*ご心配をおかけしております九条ねぎですが、おっちゃんの永年の経験による判断によっての水遣りのおかげと、この幾分和らいだ寒さ(・・・暖かさ)によって、ちょっとづつ動き出している感があります。
とは、申しましても、これまでにお取引いただいた方以外からの急なご注文には対応しかねることもありますので、引き続きご理解ください。

なお、22日より24日まで京都を離れております。何かございましたら携帯の方にお願いします。





上鳥羽の生産者が作る京野菜の情報をご希望の方は、ぜひご連絡ください。



なお、情報は不定期に発送するものです。ご希望によってDMもしくはFAX、またはメール、電話。
お問合せはこちらから
TEL/FAX 075-693-6757


main-logo1.jpg







posted by しょうし at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

九条ねぎ非常事態宣言!寸前・・・

例年ですと、2月の時期に考えられないのですが、九条ねぎ非常事態宣言・・・間近です。


使用(利用)されておられる皆さんはじんわりと感じておられるはずです。価格が異常に高騰しつつあります。


まずは、流通の現状を・・・・
流通量は激減しています。京都市場をみても、上鳥羽の生産者の畑をみても2月とは思えないほどの状況・・・。冬は寒いのが当たり前なのですが、畑の状況をみれば一目瞭然です。。。(すいません、畑の画像を掲げるべきですが、撮ってません。。また近いうちに・・・)


そして、その理由を・・・

@苗不足
このブログでも散々説明してきましたが、冬のねぎ(今の時期のねぎ)は夏のねぎを倒して干し、それを苗として秋に植えたものです。
今年の夏の猛暑によって、干すはずであったねぎ苗が腐ってしまう状況が起こったいました。よって、植えるはずの苗がなかった・・・。

A雪、極寒+雨不足
九条ねぎの旬は冬。冬の寒さが葉の中に栄養分をため込み、甘味も香りも増します。霜にあたった葉は黄色くなり枯れて(いわゆる、赤葉に)なりますが、それでも適度の雨と日照によって新芽が成長していきます。でも、今年は成長するはずの新芽の成長が極端に鈍い。大きくなった葉は雪や霜の影響で枯れていき、新芽が成長しないとどうなるか。
特に今年は植える苗がなかった状況で、秋口から「冬のねぎは少ない(高くなる)」と予想はできましたが、例年2月になると九条ねぎの株が湧き、カサが増えてきます。大きくなった九条ねぎは、それぞれが成長しようとするために押し倒す・・・倒れる・・・となるはずでした。
でも、新芽が成長しない・・・ということは、株も湧かず、カサは減る一方ということになります。


一昔前は、近年よりも寒く、それはそれで今年のような寒さもあったはずです。でも、ここ数年、温暖化が叫ばれ、生産者はそれ(気候)にそって作り方を変えてこられています。つまり、気候に作り方を併せておられます。


それがこのような予測もできない気候になると、併せることができない。


それは九条ねぎに限らず、どの生産者も感じておられることだと思います。




本当に、どうなってしまうのでしょうか。。。


現在、ご注文いただき発送させていただいている九条ねぎですが、もちろん上鳥羽の畑でできたもので、2月初めの暖かくなった数日に神がかり的な判断で水をやられたために、この寒さにも少し持ち直しています。このあたりの判断が長年の経験・・・さすが「おっちゃん」だと拍手を送りたい気持ちでいっぱいです。


ただ、このおっちゃんの九条ねぎにも限りがあります。
不安でいっぱいです。


上鳥羽の生産者が作る京野菜の情報をご希望の方は、ぜひご連絡ください。



なお、情報は不定期に発送するものです。ご希望によってDMもしくはFAX、またはメール、電話。
お問合せはこちらから
TEL/FAX 075-693-6757


main-logo1.jpg




2011年01月08日

なんじゃこりゃ?

ん?

これは何でしょうか?


R0012228.JPG


・・・・・寒い日の朝によくおこります。


そう、霜です。。葱の葉に霜がたっているのです。



これのこまったところは、きついとこうなる。


R0012231.JPG


葱を倒してしまうところ。


こうなるとひどいところでは根元から曲がり商品価値が薄れる・・・。

また、朝のうちから引くことができない。




ただ、いいところもあります。



それはドンドンと美味しくしてくれるところ。



今の時期の九条ねぎが美味しい理由は、寒さに葱が耐えようと必死に葉の中に旨みをため込むからです。だから、今のねぎがお勧めなのです。


九条ねぎのご注文は・・・・
http://kyoyasai.shop-pro.jp/?pid=10015905


上鳥羽の生産者が作る京野菜の情報をご希望の方は、ぜひご連絡ください。



なお、情報は不定期に発送するものです。ご希望によってDMもしくはFAX、またはメール、電話。
お問合せはこちらから
TEL/FAX 075-693-6757


main-logo1.jpg




posted by しょうし at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 上鳥羽・橋本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

九条ねぎ 10k

当店・・・といえるかわかりませんが・・・

もっともいただくお問い合わせは、「九条ねぎ」についてです。
その次は、金時人参。


お問い合わせの多くは、消費者の方ではなく、お店をされている方から。
現在、複数のお店に送らせていただいております。

関東方面からのお問あわせが多く、九条ねぎのブランド力と底力を思い知らされます。



で、そこで今現在、送らせていただいているのがこの九条ねぎ。

R0016473.JPG


私の家から歩いて数分南に下がったところの高橋さんの九条ねぎ。

高橋さんの九条ねぎ畑は、高橋さんのお宅の裏にあり、注文を受けて、畑から引いてもらっています。しかも、掃除して洗ったその日に発送します。ですので、新鮮さは抜群。どこよりも新鮮です。


九条ねぎをみるとき、何を見ますか?


まずは色・・・深い緑がいい・・・と一般的には言われていますが、九条ねぎには浅黄系と黒種があり、一概に深い緑がいいとは言い切れません。ちなみに上鳥羽の九条ねぎは浅黄系が主流です。



では、反対に質問です。
九条ねぎに何を求めますか?


香り?

甘み?

風味?

歯ごたえ???


甘みがあり、柔らかい・・・そんなねぎをお求めなら、上鳥羽の生産者が作る今の九条ねぎをお勧めします。九条ねぎの葉は寒さによって霜にあたり、どんどんと柔らかくなってきます。水洗いしているとき・・・、箱詰めしているとき・・・細心の注意を払わないと葉が折れてしまいます。


それほど今の時期の九条ねぎは柔らかい。


当然、煮炊きで使うとトロットロになります。




こだわりの逸品・・食材として、今の時期の九条ねぎ・・・・ぜひ、お試しあれ!



九条ねぎのご注文は・・・・
http://kyoyasai.shop-pro.jp/?pid=10015905


上鳥羽の生産者が作る京野菜の情報をご希望の方は、ぜひご連絡ください。



なお、情報は不定期に発送するものです。ご希望によってDMもしくはFAX、またはメール、電話。
お問合せはこちらから
TEL/FAX 075-693-6757


main-logo1.jpg



posted by しょうし at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 上鳥羽・橋本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

賀正 京都では・・・頭芋(かしら芋)の雑煮

新年あけましておめでとうございます。

nennga.jpg

今年の橋本家の年賀状・・・(橋本妻作・・・一昨年の使い回し)
版画でございます。


これをみていただいても、気合の入り方がわかるかと・・・。


本年も上鳥羽の生産者が作る京野菜・・・どんどんPRしてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。



そうそう、京都の元旦といえばこれです。

zouni.jpg

白みその雑煮。

もちろん、中には「頭芋(かしら芋)」。


雑煮に入れるだけでなく、普段使いの芋としても本当は重宝します。



もう出荷は終了していますが、どうしてもという方はご連絡を・・・・。



ご注文はコチラから⇒http://kyoyasai.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=481417&csid=2



上鳥羽の生産者が作る京野菜の情報をご希望の方は、ぜひご連絡ください。



なお、情報は不定期に発送するものです。ご希望によってDMもしくはFAX、またはメール、電話。
お問合せはこちらから
TEL/FAX 075-693-6757


main-logo1.jpg



タグ:頭芋 京野菜
posted by しょうし at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 上鳥羽・橋本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。