2011年01月06日

九条ねぎ 10k

当店・・・といえるかわかりませんが・・・

もっともいただくお問い合わせは、「九条ねぎ」についてです。
その次は、金時人参。


お問い合わせの多くは、消費者の方ではなく、お店をされている方から。
現在、複数のお店に送らせていただいております。

関東方面からのお問あわせが多く、九条ねぎのブランド力と底力を思い知らされます。



で、そこで今現在、送らせていただいているのがこの九条ねぎ。

R0016473.JPG


私の家から歩いて数分南に下がったところの高橋さんの九条ねぎ。

高橋さんの九条ねぎ畑は、高橋さんのお宅の裏にあり、注文を受けて、畑から引いてもらっています。しかも、掃除して洗ったその日に発送します。ですので、新鮮さは抜群。どこよりも新鮮です。


九条ねぎをみるとき、何を見ますか?


まずは色・・・深い緑がいい・・・と一般的には言われていますが、九条ねぎには浅黄系と黒種があり、一概に深い緑がいいとは言い切れません。ちなみに上鳥羽の九条ねぎは浅黄系が主流です。



では、反対に質問です。
九条ねぎに何を求めますか?


香り?

甘み?

風味?

歯ごたえ???


甘みがあり、柔らかい・・・そんなねぎをお求めなら、上鳥羽の生産者が作る今の九条ねぎをお勧めします。九条ねぎの葉は寒さによって霜にあたり、どんどんと柔らかくなってきます。水洗いしているとき・・・、箱詰めしているとき・・・細心の注意を払わないと葉が折れてしまいます。


それほど今の時期の九条ねぎは柔らかい。


当然、煮炊きで使うとトロットロになります。




こだわりの逸品・・食材として、今の時期の九条ねぎ・・・・ぜひ、お試しあれ!



九条ねぎのご注文は・・・・
http://kyoyasai.shop-pro.jp/?pid=10015905


上鳥羽の生産者が作る京野菜の情報をご希望の方は、ぜひご連絡ください。



なお、情報は不定期に発送するものです。ご希望によってDMもしくはFAX、またはメール、電話。
お問合せはこちらから
TEL/FAX 075-693-6757


main-logo1.jpg



posted by しょうし at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 上鳥羽・橋本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178898132

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。